◆ 真珠湾攻撃を謝罪するべきか? :  nando ブログ

2016年05月29日

◆ 真珠湾攻撃を謝罪するべきか? 

 オバマ大統領の広島訪問のあとで、安倍首相が真珠湾を訪問するべきだという声がある。そのとき、謝罪するべきか?

 ──

 オバマ大統領の広島訪問のあとで、安倍首相が真珠湾を訪問するべきだという声がある。
 ホワイトハウスは安倍首相がハワイの真珠湾を訪問することを歓迎する意向だと報じた。真珠湾では日本軍の奇襲攻撃から今年 12月で 75年の節目を迎え、式典が予定されている。同紙は米政府高官が「安倍首相が真珠湾に来なければ驚きだ」と語ったことも伝えた。
( → 「安倍首相も真珠湾に」 : 読売新聞 2016-05-28

 安倍首相自身は、乗り気でない。
 《 安倍首相:真珠湾訪問に慎重姿勢 》
 安倍晋三首相は今のところ、米ハワイの真珠湾を訪問することに慎重姿勢を崩していない。25日にオバマ米大統領と会談した後の記者会見で「現在、ハワイを訪問する計画はありませんが、昨年、戦後70年の節目に米国を訪問し、上下両院合同会議でスピーチを行いました」と語った。
 首相は戦後70年の節目にあたる昨年4月に米議会で演説し、真珠湾にも触れながら「悔悟」の念を表明した。この演説を踏まえ、8月には戦後70年談話を発表、すでに戦後の総括は終わったとの認識を持っている。
 首相が真珠湾を訪問すれば、日本が開戦に踏み切った経緯に再び焦点が当たる。歴史論争が再燃する恐れがあり、慎重論の背景になっている。
( → 毎日新聞 2016-05-28

 以上は、現在の政界の情勢だ。それとは別に、「どうするべきか?」について、私の考えを述べよう。

 ──

 まず、政治的に損得を言うなら、何もしない方がいい。事を荒立てず、うやむやにした方が、米国人の得意な気分を損なわずに済むからだ。
 米国人は「おれたちこそ正義だ。だから、原爆を落としたのは正義だ。一方、正義であるおれたちを攻撃した日本は悪だ」と思っている。そういう人々(トランプみたいな人々)の機嫌を損なわないためには、何もしない方がいいだろう。

 一方、「真実を告げる」という方針もある。「良薬は口に苦し」というタイプの方針だ。こういう方針もあるので、一応、以下で示しておこう。

 ──

 真珠湾攻撃については、米国人は虚偽を信じている。つまり、「宣戦布告なしに米国領のパールハーバーを攻撃した日本は、卑怯であり、悪である」というふうに。
 しかし、これは虚偽である。理由は二つある。

 宣戦布告


 日本が宣戦布告をしなかったのは事実だが、これは、宣戦布告をする意思がなかったからではない。宣戦布告をする意思はあったが、外交官のミスのせいで、宣戦布告が少し遅れただけだ。
 これは、よく知られた事実だから、知っている人も多いだろう。知っているなら、次の話は読まなくてもいい。

 事実:
 (A)日本政府は宣戦布告の通知文を12月6日午前中に在米大使館に送付したが、大使館員は送迎会に夢中で、文書の翻訳が大幅に遅れた。そのせいで、米国政府に文書を渡したのは、真珠湾攻撃の1時間後となってしまった。たったの1時間だけ遅れたわけだ。それも、大使館員のミスで。
 これは、一種の手続きミスである。「卑怯」ということはない。「無能」というだけのことだ。
 (B)日本の宣戦布告の暗号文を、有能な米国政府はすでに解読していた。宣戦布告をルースベルト大統領は知っていた。

 以上の(A)(B)の出典は → 真珠湾攻撃 - Wikipedia

 なお、(B)に関して、「ルーズベルトは日本の真珠湾攻撃を知っていたのに、わざと隠していた」という陰謀説もある。
  → 真珠湾攻撃陰謀説

 この場合、わざとならば、陰謀となる。
 しかし、わざとでなければ、無能ということになる。その無能さは、日本の大使館員と同程度だ。(いや、もっとひどいかも。大使館員は、重要性を知らなかったが、大統領は、重要性を知っていたからだ。)

 以上をまとめれば、こうなる。
 「宣戦布告なしに真珠湾攻撃をした日本は卑怯である」というのは、虚偽である。日本は宣戦布告をした。ただし、それを伝達するのは、手続きの遅れから、1時間後になってしまったのだ。それは、卑怯なのではなく、無能であったからだ。
 一方、ルーズベルト大統領は、その内容を知っていた(歴史的事実)。なのに、それを国民に伝えなかったのは、ルーズベルトの責任である。故意であるか、怠慢であるか、その理由はさておき、真珠湾攻撃に事前予告がなかった最大の理由は、ルーズベルトにある。
 これが歴史的真実だ。その真実を知るべし。

 ハワイは米国領か?


 真珠湾攻撃によって日本は米国を攻撃した、と言われる。だが、ちょっと待ってほしい。ハワイは米国なのか? とんでもない。今ではハワイは米国の州の一つだが、真珠湾の攻撃のときには、ハワイは米国ではなかったのだ。
 ハワイがアメリカ50番目の州に昇格したのは、1959年8月21日である。
  → ハワイ州 - Wikipedia
 だから、それ以前は、ハワイは米国ではなかったのだ。つまり、真珠湾攻撃の時点では、日本は米国を攻撃していなかったのである。

 では、州に昇格する以前のハワイは、何であったか? アメリカの準州であった。準州とは? 現在の「自治領」は、単に正式な州ではないという程度のもので、自治権が与えられている。しかし、当時のハワイ準州とは、要するに、植民地のことであった。
 詳しい事情は、下記にある。
  → ハワイ併合 - Wikipedia
 要するに、こうだ。
  ・ もともと原住民による「ハワイ王国」があった。
  ・ 米国系の白人が移入した。
  ・ 外国人の参政権認めるように強要した。
  ・ クーデターを起こして、白人政権を確立した。
   かくて、原住民の「ハワイ王国」を滅亡させた。
  ・ 原住民の参政権を剥奪した。


 ま、典型的な「植民地化」である。
 この「ハワイ併合」に比べると、日本の「韓国併合」は、天国みたいに原住民を優遇している。完全に、ではないが、名目的には、朝鮮人と日本人とは対等の立場にあった。もちろん、韓国人にも参政権を認めた。
( ※ 韓国は日本の統治の直下にあったので、参政権は朝鮮人にも日本人にもなかった。一方、内地においては、朝鮮人にも日本人にも参政権はあった。実際、朝鮮系の議員が誕生した。)
 新憲法は、東洋人に対し選挙権や市民権をあたえず、公職勤務を禁じるいっぽう、白人団体が多くの点で権力を保持できるよう配慮されていた
( → ハワイ併合 - Wikipedia
 朝鮮人も帝国臣民の地位が付与されたため、内地に居住していれば参政権・被参政権とも認められており(→1925年普通選挙法)衆議院選挙に参加することは可能であった。唯一朝鮮人として朴春琴が衆議院議員に選出されている。
( → 韓国併合 - Wikipedia

 以上をまとめてみよう。
 日本は真珠湾を攻撃した。しかし、その当時、真珠湾は米国領ではなかった。米国の植民地だった。日本は米国の固有の領土を攻撃したのではなく、米国が盗んだ土地を攻撃したのだ。要するに、泥棒を攻撃した、別の泥棒だ。悪が正義を攻撃したのではなく、悪が別の悪を攻撃しただけだ。

 もちろん、これをもって、日本の真珠湾攻撃を正当化することはできない。しかしながら、この当時、列強はいずれも植民地による侵略をしていた。イギリスも、オランダも、米国も、いずれも侵略をしていた。要するに、泥棒だった。この時代は、泥棒が争っていた時代なのだ。
 このときに、泥棒である米国が「正義のおれを攻撃した悪党め!」などといきり立つのは、笑止千万だ。
 また、中国や韓国のように「日本は侵略を反省せよ」といきり立つのも、笑止千万だ。
 この時代、イギリスも、オランダも、米国も、いずれも侵略をしていた。こういう時代であったという歴史的事実を無視して、「真珠湾攻撃をした日本は卑怯だ」などという主張をするのは、とんでもない歴史的誤認だ。
 なるほど、真珠湾攻撃をした日本は、悪だった。しかし、それよりも何倍も悪であったのは、ハワイを植民地化した米国であったのだ。米国が日本の攻撃を受けたのは、米国が他人の領土を盗んだからなのだ。
 これが歴史的真実だ。その真実を知るべし。



 [ 付記1 ]
 仮に、米国に謝罪するとしたら、こう謝罪するべきだっただろう。
 「米国がハワイ王国を侵略したのを、妨害したのは、まことに申し訳ありませんでした。当時、米国はアジア各国を侵略して、白人による黄色人種支配を推進していました。このような米国の(人種差別的な)侵略行為を妨害したのは、まことに申し訳ありませんでした。白人による侵略と植民地化を妨害したのは、黄色人種としてまことに申し訳ありませんでした。深く反省します。黄色人種は、白人に支配されるべきなのでしょう。日本はあくまで、白人の米国の支配を受け入れるべきでした」
 こう語ればいい。

 [ 付記2 ]
 ついでだが、侵略したのは、イギリス、オランダ、米国だけではない。中国に至っては、今もなお侵略している。
  → 中国による侵略 : nando ブログ
 こんな中国が「侵略した」と言って日本を非難するのは、笑止千万だ。だいたい、中国は、アヘン戦争のこともあるし、イギリスをこそ非難するべきだろう。

 [ 付記3 ]
 実は、中国には、日本を非難しないといけない決定的な理由がある。何か? 
 中国自体は、日本を非難する理由は特にない。しかし、中国共産党には、日本を非難する理由がある。それは、
 「日本軍を大陸から駆逐したのは、中国共産党である」
 という虚構である。この虚構を構築して、中国共産党に民衆の信認を与えるために、「日本軍は悪魔であった」という虚偽を信じさせる必要があるのだ。
 では、真実は? 
 「日本軍を大陸から駆逐したのは、中国共産党と、(蒋介石の)国民党の双方である」
 ということだ。
 国民党には優秀な装備があり、正規軍として日本と戦った。共産党(八路軍)には、まともな装備がなく、ゲリラ兵(便衣兵)として、こそこそと隠れて日本軍を攻撃した。
 ここで、「共産党は何もしていないで、国民党だけが頑張った」という俗説(都市伝説)もあるが、それは妥当ではない。調べればすぐにわかるが、国民党も共産党(八路軍)も、どちらも戦ったのだ。
 ただし、中国共産党としては、その事実委を隠蔽して、「共産党(八路軍)だけが戦った」と思い込ませたい。それによって自己を正当化したい。だからこそ、「日本は悪の権化であった」という虚構を構築したがるのだ。
 
 [ 付記4 ]
 結局、米国も中国も、「自分は正義。日本は悪」という虚構を構築したがっている。
 そこで、「真実はこうだ」というふうに指摘するのが、本項だ。
 


 【 関連サイト 】
 アジアの独立運動に日本の戦争が影響した(欧米からの独立を助けた)という点については、私の見解のかわりに、下記の論拠がある。
  → 世界はどのように大東亜戦争を評価しているか
  → 海外「日本はアジアの英雄だった」 インドネシアの独立に尽力した日本兵たち
  → 第二次大戦後、アジアの国々が独立しましたが,日本が侵略してあげたからですか?
 
 なお、日本が侵攻した土地では、アジア各国はのちに独立したが、日本が侵攻しなかったアフリカでは、そのまま長らく植民地状態が続いていた。そのせいでアフリカはいまだに悲惨な状態である。
 アジアとアフリカでこれほどにも大きな差が付いたのは、日本が侵攻したか否か(欧米の植民地としての状態から解放したか否か)ということが、決定的な要因となっている。
 
posted by 管理人 at 23:50 | Comment(14) | 政治 このエントリーをはてなブックマークに追加 
この記事へのコメント
 [ 付記1 ] を加筆しました。[ 付記2 ]以後は、番号をずらしました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2016年05月30日 01:31
外務省の不手際で宣戦布告が遅れた云々は日本政府も言っていない、そもそもそれ以前に、その時に出されたのは「ハルノートのお返事(和平交渉打ち切り)」で「宣戦布告」ではない(少なくともアメリカは認めていない)だいたいそれ以前に宣戦布告なしでマレー半島侵攻している。日本は意図的に「卑怯な騙し討」をやったんですよ、で「この「ハワイ併合」に比べると、日本の「韓国併合」は、天国みたいに原住民を優遇している。」て、、カイロ宣言くらい読みましょうよ、、それに、「当時は何処も侵略国だ」て、西欧列強が植民地主義の見直しを行い、独立を約束したり、自治政府ができたりしている時代に19世紀の帝国主義的価値観で日本はアジア侵略・植民地化し、国連の常任理事国で気も使ってもらってたのに「九か国条約」無視して国際秩序破壊したんですから、批判されて当り前。それと中韓は日本が政治家が歴史捏造発言を繰り返し、靖国参拝やらで、侵略戦争を正当化し、「侵略戦争の反省」という戦後国際社会に復帰した時の「建前」すらかなぐり捨ててるから批判してるんですよ。あまり「笑止千万」な事は言わず「歴史的真実」を知りましょうね。
Posted by 小鳥遊 at 2016年05月30日 04:28
太平洋戦争はほとんど対フセインの無理筋と同じ因縁ふっかけですね。ABCD包囲陣とか石油止めるとか無茶されました。日本だけが悪いのではなく、関連諸国が外交で武力解決に持ち込む様に導いたと考えてます。
大陸からの撤収は追い出されたのではなく、本土陥落による方針転換です。補給線も絶たれましたし、さらに不可侵条約破棄という踏んだり蹴ったりもあり、弱り目に祟り目ですね。
列強は当時の東南アジア植民地を解放しようなんて露ほどにも考えていないから、戦後に再支配を目論んで帰って来たこと、しかし疲弊していたから各地の独立戦争に対応できなかったこと、そして結果的に各地の独立を促したこと、これらの事実は列強は触れてほしくないところでしょう。
Posted by 京都の人 at 2016年05月30日 06:36
いきなりABCD包囲陣から始まる設定の人が居る。「九か国条約」やら無視して始めた中国への侵略戦争を継続するために東南アジアにまで侵攻するとか「無茶」やってんだから当然制裁くらいますよね。だいたい「ABCD」の「C」て交戦国の中国なのに売ってくれるわけがないし、オランダとの交渉も一方的に蹴ってるのは日本だし、「大陸からの撤収は追い出されたのではなく、本土陥落による方針転換です。」て「撤退」を「転進」と言い換えても仕方はないですよ、補給線なんか気にせず現地調達前提で侵略してんだから、「絶たれましたし」もないものです。「日ソ不可侵条約」もソ連の参戦は日本はあらかじめ知ってたし、ドイツと同盟結んどいてむしがよすぎるんですよね。1922年には「九か国条約」で、中国の主権、独立、領土保全が決められた。1935年には米国がフィリピンに独立を約束し、英国もインドに対して少しずつ自治を与える方向だった。 また、連合国は中国や東南アジアの民族解放運動、ヨーロッパでは東欧のパルチザンやフランスのレジスタンスなどと共に戦っており、そこには民族解放の理念があったから「列強は当時の東南アジア植民地を解放しようなんて露ほどにも考えていない」は出鱈目だし、日本の植民地支配は欧米のものに比べ過酷だったと当事国から言われてるのに、「日本のお陰で「各地の独立を促した」」などと言おうものなら「列強」の前にアジア諸国からぶん殴られますから黙ってましょうね。
Posted by 小鳥遊 at 2016年05月30日 07:23
>小鳥遊さん

×日ソ不可侵条約
○日ソ中立条約

九カ国条約・四カ国条約・ワシントン軍縮条約からなる「ワシントン体制」は、ヨーロッパにおける「ベルサイユ体制」がドイツ弱体化を狙った世界秩序であるのと同じく、日清・日露・第一次世界大戦で力を持ち始めた日本を弱体化するための米英中心の世界秩序でしょ。九カ国条約は、中国の門戸開放・機会均等・領土保全からなる「門戸開放宣言」が起源で、日本が将来おこないかねない軍事的中国支配を抑止することで、経済的な中国支配を確立するのが目的だった。まあ中国からしたら、軍事的な侵略よりも経済的な支配の方がマイルドだから、アメリカよりになったんだと思う。べつに当時の日本を擁護する気はないが、国際政治に正義はないってことは知っていた方がよいと思う。

アメリカによるハワイ併合、日本による韓国併合、そして琉球処分も、帝国主義の一貫として行われた点に変わりはない。国連が「先住民族の権利に関する国際連合宣言」を採択したとき、アメリカが反対したのは、ネイティブ・アメリカンの問題もさることながら、ハワイ併合もからんでいたと思う。気安く賛成して、後になって「先住民である沖縄の人々の人権を守れ」と言われて驚嘆している日本は、じつに可愛い。
Posted by 王子のきつね at 2016年05月30日 10:08
西洋からみた近代史に詳しいことは素晴らしいことですね。列強が東南アジアを解放しようとしていた説は初めて目にしました。なれば以下の所説も妄想の極みということですね。
http://kenjya.org/ajia1.html

本題は歴史認識ではなく、真珠湾での謝罪をするかどうか。それに対して管理人さんが掲げた大いなる皮肉(付記1)。我が国のリーダーがこれを語る度胸があればいいな。と思います。トランプが大統領になった時に、強要されればこれはいいスピーチになるでしょう。



Posted by 京都の人 at 2016年05月30日 21:16
《日本が侵攻した土地では、アジア各国はのちに独立したが、日本が侵攻しなかったアフリカでは、そのまま長らく植民地状態が続いていた。》

アフリカの場合、エチオピア、ニジェール川流域、ジンバブエ、東海岸の港市以外は、部族社会なので、そもそも経済発展が遅れていた。それをさらに奴隷貿易による人口減少と植民地支配が遅らせたわけで、日本が侵略しようがしまいが、アジア諸国より独立は遅れただろう。

指導者がいないと独立運動を行うことはできない。独立運動の指導者の多くは、欧米列強の支配の手先となった植民地の官僚や軍人の中から出てくるので、現地エリート層が形成されないと、独立運動は始まらない。アフリカの独立運動の指導者は、王族だったり、部族長だったりして、アジアの独立運動とはかなりちがう。

日本の侵略がアジア諸国に役だったのは、権力の空白をつくり、それを独立運動が利用できたこと。それも植民地の事情でずいぶん異なった。同じ東南アジアでも、アメリカから独立の約束を取り付けていたフィリピンは日本支配に抵抗した。インドネシアは国軍の結成に日本軍を利用しようとした。ミャンマーは、日本の統治に好意的だったが、侵略の意図が明らかになると、イギリスに寝返った。
Posted by 王子のきつね at 2016年05月31日 00:45
> by 王子のきつね

リンク先を読むといいですよ。歴史学者が言っている。
日本が独立に好影響を与えたのは、日本が植民地解放という美名を唱えたことによるのではなく、現地の無知な人々を教育して養成して独立運動ができるように仕向けたことです。日本の意図が良かったのではなくて、結果的には好影響だったと判定されるということ。

なお、韓国だって、日本の統治の前は、ひどい前近代的社会だった。

日本は各国に「言語」と「文化」を与えたんです。(それ以前は英語は蘭語の支配という社会。現地人は文化なし。現地語はなかば禁止・抑圧。ただの奴隷状態。)

 ※ リンク先による。

> アジア諸国より独立は遅れただろう。

独立が遅れたことを問題視しているのではなく、いまだに前近代的な社会で抗争続いていることを問題としています。まだまともな国家建設ができていない。21世紀なのに。ひどい状態だ。
その理由は、植民地時代にある。
欧州の植民地政策は、収奪があるだけだった。その根底には、人種差別があった。そこを理解しないと。
Posted by 管理人 at 2016年05月31日 00:59
《リンク先を読むといいですよ。歴史学者が言っている。》

リンク先が「日本会議」って…。
かなり有名なんだけど、どんな組織がご存じないのかな。


《現地の無知な人々を教育して養成して独立運動ができるように仕向けたことです。》

たかだか4年弱の占領で何ができるんでしょうかね。w
たとえば、スカルノ。
《幼い頃からオランダ語を学び、原住民学校を卒業した後、ヨーロッパ人子弟の通う小学校を経て、スラバヤの高等市民学校(HBS)に入学した。》
《同校を1921年に卒業後、植民地の宗主国オランダが1920年にバンドゥンに創設した高等工業学校(現バンドゥン工科大学)に入学。1926年5月に卒業している。》
教育を与えたのはオランダでしょ。w


アフリカの近代化が遅れているのは、植民地支配もあるけど、それ以上に、未だに部族社会で、部族対立が激しいことが問題だ。古くは、コンゴ内戦やビアフラ戦争、比較的最近では、ルワンダ内戦やソマリア内戦。どれもこれも部族問題が背景にある。


《欧州の植民地政策は、収奪があるだけだった。》

だ・か・ら、植民地支配を円滑に行うために、現地人官僚や軍人を要請する近代的な教育機関をつくったんだって…。独立の指導者はだいたいそこの出身者。

欧米列強は19世紀の末から植民地に投資して工場や鉱山をつくっているの。レーニンの『帝国主義』にも「資本輸出」という言葉で説明しているよ。

欧米諸国による一方的な収奪だったって議論は、1960〜70年代の新従属論で否定されてるの。ナオロジー(インド)の流出理論やエリック・ウィリアムズ(トリニダード・トバゴ)のウィリアムズ・テーゼのような、一方的な収奪だったって議論は、発展途上国の独立までは役割を果たしたが、独立後は途上国の支配層が自らの支配を正統化するために利用された。また、1960年代以降の多国籍企業による経済支配を説明できないため、新従属論の登場で否定された。ちなみに、新従属理論とは、新従属=植民地にしないで途上国を経済的に支配するシステムを批判する理論という意味。

《欧州の植民地政策は、収奪があるだけだった》と主張している人は、発展途上国で行われた論争を知らないだけ。
Posted by 王子のきつね at 2016年05月31日 10:04
ハワイは米国領か?について質問です

日本はハワイに対して宣戦布告しましたか?
そして、するべきであったとお考えですか?
Posted by 磯崎 ゆい at 2016年06月01日 00:58
 ハワイは米国植民地であり、米国の支配下にあったので、国ではないし、現地人政府もないし、宣戦布告はありえないでしょう。
Posted by 管理人 at 2016年06月01日 01:18
> リンク先が「日本会議」

 それはわかっているけど、まあ、いいじゃない。
 内容は歴史学者の見解のコピペなんだから。
 「モヒカン族」って知っている? 
 引用:
  「モヒカン族の思想
原則として発言者の社会的地位を考慮せず、意見の内容だけに注目する」 

> たかだか4年弱の占領で何ができるんでしょうかね。

 朴正煕は、大統領にまでなったけどね。その娘は今も大統領だし。
 あと、日本軍の指導が大きかったということは、現地の人がいっぱい語っている。リンク先に書いてあるでしょ?
 その質問をしたならば、「リンク先を読めばわかる」と言うだけでおしまい。
  http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1521.html
 まあ、賛否両論だけどね。少なくとも一方的に「日本は悪、欧米は善」と決めつけられるような状況ではなかった。

> 未だに部族社会で、部族対立が激しいことが問題だ

 それこそ、欧米がもたらした弊害でしょうに。
  http://d.hatena.ne.jp/saisenreiha/20080206/1202313034
  http://blog.goo.ne.jp/nanbanandeya/e/a930855e93c65eb7bfa25e4fa102f616

 部族対立は、もともと存在していたものではなく、欧米の都合によって、人為的に導入されたものです。ここを理解することが大切です。
 だからこそ、アフリカ人でも教養のある人は、欧米の植民地支配をひどく恨んでいる。ゾマホンもそうです。
 アフリカにおける植民地政策については、我々よりも、ゾマホンの方がはるかによく知っている。彼の意見を尊重しましょう。

> 近代的な教育機関をつくった

 そのくらいは当り前でしょうが。奴隷じゃないんだから。私は「奴隷だった」と述べているわけじゃない。
 一番大事なのは、参政権の有無です。
 なお、「収奪があるだけだった」というのは、極論ふうの表現。字面通りに読む必要はない。「欧米の植民地が、基本的には収奪構造だったという点で、日本の植民地とは違っていた」というのは、すでに広く知られた歴史学者の合意です。少なくとも、欧米のアジア史研究者はそう述べている。
 異論を立てているのは、中国と韓国の人だけです。どちらも歴史を捏造する国ですから。

 こんな歴史捏造の国の意見をまともに受け取るなんて、普通の人の発想じゃない。

 ──

 あとね。私の立場を根本的に間違えないでほしい。

 右翼: 日本は正しかった。あの戦争も正しかった。
 米国: 米国は正しかった。原爆投下も正しかった。
 中国・韓国:日本は悪だった。だから自国は正しかった。

 私 :正しかった国は一つもない。すべて悪だった。

 つまり、私はすべてを批判している。既存のどれかの立場を擁護しているのではない。お間違えなく。
Posted by 管理人 at 2016年06月01日 01:38
>「モヒカン族の思想
>原則として発言者の社会的地位を考慮せず、意見の内容だけに注目する」 

私はむしろニーチェの系譜学の方を信用しているので…。w

発信者の社会的地位を考慮しないと、どういう文脈からの発言だか、わからない。

アムステルダム市長の挨拶は社交辞令以外の何ものでもない。オランダには従軍慰安婦にされた女性もいるから、あとできっと怒られたでしょ。


《部族対立は、もともと存在していたものではなく、欧米の都合によって、人為的に導入されたものです。》

西ケニアの事例は、流浪する小集団をヨーロッパ人が囲い込んで「部族」をつくったってことだよね。松田素二さんは、「部族社会だけでアフリカを語るな」って主張している研究者なので、このような例をあげてるんでしょうね。でも、ルワンダやベナンでは、ある部族が他の部族を支配して国家をつくっていたわけで、この事例だけがすべてだって言われてもね。

ルワンダは、狩猟民のツチ族が農耕民のフツ族を征服してつくったルワンダ王国を、ドイツが植民地化した。第一次世界大戦後、ベルギー領となった。容姿の差以前に、ツチ族がフツ族を支配していたという旧支配体制を、そのまま統治に組み入れるのは、植民地宗主国がよくやること。しかし、独立後は、多数派のフツ族が覇権を握り、それにツチ族が抵抗するようになった。

ルワンダ内戦のときには、フツ族強硬派が、フツ族穏健派を抑えて、ツチ族の虐殺をはじめたが、ツチ族に反撃され、フツ族が難民化して問題となった。その後、フツ族強硬派による「民族浄化」の方が重大とされたが…。現在は、フツ族穏健派とツチ族が手を握って、なんとか安定している。

ゾマホンの生まれ故郷ベナン(旧ダホメ)共和国は、奴隷貿易で栄えたダホメ王国の領土に建国された。ダホメ王国は、アジャ人が建てた王国で、フォン人を支配して中央集権国家となった。ヨーロッパ人から銃を買って、奴隷狩りを行い、周りの部族を奴隷としてヨーロッパ人に売って、繁栄していた。しかし、奴隷狩りで周りの部族(とくにヨルバ人)に恨まれていたので、フランスがダホメを植民地化したとき、周りの部族はすべてフランスに味方した。

欧米諸国は、アフリカの部族対立を利用して植民地化したかも知れないが、部族対立そのものをつくり出したわけではない。


《「欧米の植民地が、基本的には収奪構造だったという点で、日本の植民地とは違っていた」というのは、すでに広く知られた歴史学者の合意です。》

私自身がラテンアメリカの歴史を研究していて、いくつかの研究会や学会に顔を出したけど、そんな合意は聞いたことないです。むしろ、誰がそんなことを言っていたのか知りたいくらい。

「すべての植民地が基本的に収奪構造だった」というのなら合意できてると思うけどね。日本だけ例外なんて右翼しか言わないでしょ。それこそ日本会議くらいしか。w
Posted by 王子のきつね at 2016年06月02日 01:00
> 「すべての植民地が基本的に収奪構造だった」というのなら合意できてると思うけどね。

 それはそうだけど、日本は少なくとも「大東亜共栄圏」を掲げて、「欧米からの植民地解放」を唱えていた。
 「そのあとで自分が支配する」という意味もあっただろうが、少なくとも半分ぐらいは「解放」の意味があった。だから参政権も与えている。建前上は、朝鮮人や台湾人は本土人とほぼ同等の資格が与えられていた。明白に権利を奪われた欧米植民地とは異なっていた。
 「日本の植民地は、ひどさが半分ぐらいに減じられていた」
 というのが私の認識だ。たいていの歴史学者もそうですよ。
 王子のきつね さんは、「欧米による植民地政策が、日本の開戦に結びついた」という根源を無視していますね。これじゃ、アヘン戦争も植民地政策も、全部肯定しているようなものだ。
 私は別に日本を肯定するわけじゃないが、悪の度合いは、植民地化した欧米の方が2倍ぐらいあると認識している。根源は人種差別だね。
 あと、今から40年ぐらい前の人種差別がどれほどひどかったか、知っている? 日本でも、クロマティ以前は、ひどいものだった。クロマティが劇的に改善した。
Posted by 管理人 at 2016年06月03日 07:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。