◆ イスラムテロの根源:  nando ブログ

2016年06月13日

◆ イスラムテロの根源

 イスラム系のテロがしばしば起こるが、その根源を探ると、ブッシュ親子の中東政策に行き着く。

 ──

 イスラム系のテロがしばしば起こる。このたびもアメリカのフロリダで銃乱射事件が起こった。また、半年前にも、パリのテロ事件があった。
  → テロ予防には国外追放: Open ブログ

 また、欧州では難民問題が続出しているが、これは IS というテロ国家みたいなものが問題を引き起こしている。

 まったく、混迷の極みだ。第二次大戦中、日本が侵略した地域は、独立して、次々と近代化されつつあるのに、日本が侵略しなかったアフリカや中東では、今なおとんでもない混迷状態が続く。( → 別項 の項末。)

 では、どうしてこういう問題が起こるのか? これについて、良い解説があった。書籍の紹介という形だが、「我が意を得たり」と思ったので、紹介する。
  → 『アフガン・対テロ戦争の研究』 : 読売新聞・書評欄

 短い文章なので、全文を読んでほしいが、一部抜粋しよう。
 今日の世界は相次ぐ国際テロに見舞われているが、元をたどれば9.11(米同時テロ)の復讐戦として始まったアフガン・対テロ戦争に行き着く。
 ブッシュは、アメリカ型民主主義の普遍性を信じ込み、テロリスト(アル・カーイダなど)を匿うタリバン政権を倒せばアフガンは安定すると考えた。タリバン政権が簡単に崩壊したので、同じ理屈でイラクにも攻め込んだ(タリバンは単に都市を明け渡しただけだったが)。しかし……
 著者は、アル・カーイダの大物に標的を絞る作戦に特化していれば、タリバン政権やフセイン政権が存続し、人権状況に懸念があるにしても、社会は安定し、「イスラム国」の誕生を見ることもなかったと総括している。

 「タリバン政権やフセイン政権が存続しても」という話があるが、「フセイン政権が存続しても、今のような混迷よりははるかにマシだった」という見解は、他の政治学者も論じている。(読んだことがある。)
 中東のこの地域を西欧流に近代化しようとなどしないで、イスラムの支配に任せたまま、単に社会的な安定性だけを求めれば、混迷状態(戦争や破壊や虐殺など)は避けられたはずなのだ。

 朝日の書評もある。
 9・11テロへの反撃としての、アフガニスタンへのアメリカの「対テロ戦争」は、世界に何をもたらしたか。アメリカの当初の目論見(もくろみ)に反して、アフガニスタンは安定化せず、隣国パキスタンまで破綻(はたん)国家寸前の状態に陥り、テロリズム全般のリスクもかえって高まったのではないか。
 欧米では諸悪の根源とされるタリバンも、現地では他の勢力よりマシと評価され、女性の待遇も含めて、彼らのやり方は「アフガンの農村ではごく普通のことだった」。「アフガン一般民衆にとって民主主義は聞いたこともない」ほど遠いことをアメリカは考慮しなかった。
 アフガン民主化といった「大それた夢」をもたず、オサマらだけに「的を絞る作戦に特化していればよかった」というのが著者の結論である。
( → 書評:アフガン・対テロ戦争の研究  | 朝日新聞社の書評サイト

 イスラム社会と民主主義がまったく水と油みたいな関係だということは、前にも述べた。
  → イスラム移民との共存は可能か?: Open ブログ

 にもかかわらず、欧米社会は、自らの信じる民主主義を絶対的な善だと信奉した。
 そのあげく、子ブッシュは、フセインの人権侵害や虐殺を問題視して、イラクに侵攻した。しかしそのブッシュ自身 の親である父ブッシュ が、不正をはるかに上回る虐殺をした。
 《 撤退中のイラク兵を狙い民間人もろとも集中爆撃 》
 「撤退しているイラク軍兵士たちを虐殺したことは、民間人および戦闘行為から離脱した戦闘員や捕虜の保護するために結ばれた1949年のジュネーブ条約に違反している。イラク軍は……ただ撤退して、家に帰ろうとしていただけだ。このような状況で、ただ国に帰ろうとしている兵士を攻撃するのは戦争犯罪だ」
 ブッシュと米軍は、ただひたすらできるだけ多くのイラク人を殺すという暴挙に出たのだ。
 米中央軍の最高司令官は、ブッシュ陣営からひとりもクウェートから出すなという命令を受けていた。
( → カラパイア

 ブッシュがやったことは、これだけではない。これだけではない。子ブッシュは、ありもしないのに、「大量破壊兵器がある」という嘘をついて、その嘘を理由に開戦した。しかも、ここでは宣戦布告すらしなかった。日本の真珠湾攻撃は、1時間ほど宣戦布告が遅れただけだったが、米軍は宣戦布告なしに開戦した。戦争を「武力行使」と呼んで、戦争であることすら否定した。(湾岸戦争なのに。)

 ──

 結局、こういう滅茶苦茶が、中東の秩序を破壊し、世界の秩序を破壊した。その連鎖が、米国ではイスラム系のテロとなって現れ、欧州では難民問題という形で英国のEU離脱問題に発展した。自分のもたらした中東の滅茶苦茶が、自分自身の国内で滅茶苦茶をもたらしている。自業自得というべきか。

 こういう根源を理解しないと、いつまでたっても、イスラムのテロもなくなりそうにない。



 [ 付記 ]
 子ブッシュがイラクを攻撃したのは、正当な理由があったからではない。9.11 テロのあとで、「とにかくイスラム社会に反撃しなくては」という思いで、ろくに相手も定めず、適当に見つくろって、イラクを攻撃しただけだ。
 父ブッシュのときなら、イラクはクウェートを侵略したので、まだしも名分はあった。しかし子ブッシュの場合には、イラクはクウェートを侵略したわけではないし、大量破壊兵器をつくっていたわけでもない。なのに「大量破壊兵器をつくっていた」という証拠を捏造して、国家を戦争に導いた。
 STAP なんかとは桁違いの、史上最大の捏造と言えそうだ。



 【 関連項目 】

 7年前に書いた、次の項目も参考になる。
   → 「テロとの戦い」の真相:  nando ブログ (2009年04月21日)

 
posted by 管理人 at 23:36 | Comment(21) | 政治 このエントリーをはてなブックマークに追加 
この記事へのコメント
 少し、加筆しました。
  ・ 朝日の書評の箇所
  ・ 最後の [ 付記 ] の箇所。

 タイムスタンプは 下記 ↓

Posted by 管理人 at 2016年06月14日 06:21
撤退戦闘員の殺害は何ら条約違反ではないことも知らないのか
Posted by at 2016年07月02日 14:40
 停戦中、と元記事に書いてあるでしょ。戦時中のことじゃなくて、停戦中の話。ちゃんと読んで。

 比喩で言うと、「手を上げろ。武器を捨てろ」と言ったあとで、武器を捨てて手を上げた相手を虐殺するようなもの。
 その良し悪しもわからない?
 比喩的に言えば、日本が 1945年に降伏して武装解除したあとで、日本が米国に皆殺しにされるようなものだ。
Posted by 管理人 at 2016年07月02日 15:39
調べることもできないのか
停戦が結ばれたのは3月になってからだ
Posted by at 2016年07月02日 17:25
 間違った情報を書く前に、ソースを書きましょう。

> 2月23日から陸上部隊による進攻が始まった。多国籍軍はこれに圧倒的勝利をおさめ、クウェートを解放した。陸上戦開始から100時間後、多国籍軍は戦闘行動を停止し、停戦を宣言した。

http://j.mp/29awvoQ

参考

> 湾岸戦争中の1991年2月26日から27日に掛けての夜間に、撤退するイラク軍がアメリカ軍の航空機に攻撃された

http://j.mp/29jNJV2
Posted by 管理人 at 2016年07月02日 20:35
ググればすぐ見つかるよ
http://nyti.ms/29C2tva
Posted by at 2016年07月03日 03:16
3月の停戦は、正式な調停の話であって、本項の話題とは全然関係ない。

たとえると、「2月に雨が降った」と私が書いたら、あなたが「3月に雨が降ったんだ。そんなことも知らないのか」と文句を言っている状態。トンチンカンも極まれり。
Posted by 管理人 at 2016年07月03日 09:29
読めてないのか誤読しているのか、もしかして休戦というものを知らない?
自分が引いてるページも読めないのか

思いっきり関係があるじゃない
そちらも認識しているからコメントで停戦だと主張してきただろ
自分のコメントくらい読み返せば?
Posted by at 2016年07月03日 14:23
何言っているんだかわからないです。日本語になっていない。もう、議論が成立しない状態。

まあ、あなたの目的が、事実や真実を示す(伝達する)ことではなくて、ただの罵詈雑言だけだ、ということはわかった。
Posted by 管理人 at 2016年07月03日 20:21
誤字
良い開設

>そのあげく、子ブッシュは、フセインの人権侵害や虐殺を問題視して、イラクに侵攻した。しかしそのブッシュ自身が、不正をはるかに上回る虐殺をした。
>《 撤退中のイラク兵を狙い民間人もろとも集中爆撃 》

付記で書かれているように、湾岸戦争は父親の時期の出来事
そしてカラパイアの記事も湾岸戦争で、当然父親の話

カラパイア記事には湾岸戦争、父親、クウェートなどの語句が記されてる
この記事をイラク戦争と勘違いすることは普通では考えられないです

もしかして父親と子それぞれの任期中の出来事を混同している?
Posted by at 2016年07月04日 13:25
いつの間にかいくつか修正されてる
修正個所を見ていると、やはり混同されていたかな

取り消し線で修正してあるのは訂正個所の明示で好感を持てますが、暗示箇所もあるのはよくないですね

Googleキャッシュと見比べるとわかりやすいです
http://bit.ly/29ksKja

>その根源を探ると、子ブッシュの中東政策に行き着く。
>その根源を探ると、ブッシュ親子の中東政策に行き着く。

根源に直接関わるので、ここの暗示訂正は非常に拙いと思いますね
Posted by at 2016年07月04日 18:33
 勘違いしていたので訂正しました。

 本文をすべて訂正したあとで、本文以外の冒頭箇所の訂正が抜けていたのに気づいたので、あとで別途、そこを訂正しました。あわてて。大急ぎで。(昼間は忙しいので。)

 ま、「子」を「親子」に訂正したぐらいですから、勘弁してください。別に隠そうとしたわけじゃないし。あなたのコメントを読めばわかるでしょう。

 ──

 あと、コメントを書くときは、自分のハンドル(名前)を記入してください。そこを隠す方がエチケットに反しますよ。人を批判する前に、まず自分が。

 ──

 あ、申し遅れましたが、間違いのご指摘はありがとうございました。

Posted by 管理人 at 2016年07月04日 19:55
コテハンを名乗るほどでもないかなと思っていました
また先例に倣っていただけに突然の指摘に意外感があります
とりあえずハンドルを決めました

> ま、「子」を「親子」に訂正したぐらいですから、勘弁してください。

さてこの点ですがこのページにかなり大きな影響を与える修正点だったのではないでしょうか?
混同も問題でしたが、むしろ根源対象者を拡大してしまった現状の方が拙いんではないかと懸念してます

> 「タリバン政権やフセイン政権が存続しても」という話があるが、「フセイン政権が存続しても、今のような混迷よりははるかにマシだった」という見解は、他の政治学者も論じている。(読んだことがある。)
> 中東のこの地域を西欧流に近代化しようとなどしないで、イスラムの支配に任せたまま、単に社会的な安定性だけを求めれば、混迷状態(戦争や破壊や虐殺など)は避けられたはずなのだ。

子だけであればこちらに該当しますが、父親は該当しません

http://bit.ly/29kNB8H
http://bit.ly/29n0Em4

>>アフガン民主化といった「大それた夢」をもたず、オサマらだけに「的を絞る作戦に特化していればよかった」というのが著者の結論である。

書評引用からの推測になりますが、アフガン・対テロ戦争の研究も父親を対象としてはいない

http://bit.ly/29xt11C

父親を対象とするなら、父親の政策のなにが根源の一つであったのか説明する必要がありますね
Posted by 諸田 at 2016年07月06日 14:43
 父子が(それぞれ別個に独立的に)同罪だと述べているのではなく、父子を1セットで認識しています。
Posted by 管理人 at 2016年07月06日 15:59
親の因果が子に報うの逆バージョンということですか?
Posted by 諸田 at 2016年07月06日 20:37
室伏親子の偉業を思い出してください。
Posted by 管理人 at 2016年07月06日 21:32
 ブレア政権のイラク参戦への評価をする報告書が出た。「イラク侵攻をすれば、体制崩壊後にテロが増える」という内容を含む。
 以下、転載。(朝日新聞 2016年7月7日)

 ──

《 英のイラク参戦「最後の手段ではなかった」 検証報告書 》
 英ブレア政権が2003年にイラク戦争に参戦した経緯や侵攻後の占領政策を検証した独立調査委員会(チルコット委員会)が6日、報告書を公表した。参戦の決断を「(フセイン政権の)武装解除の平和的な方策を尽くす前に侵攻に参加した。軍事行動は当時、最後の手段ではなかった」と断じた。
 開戦から13年を経て戦争を検証した報告書は、自国政府の判断や評価の過ちを厳しく指摘する内容となった。
 イラク戦争は、フセイン独裁政権の大量破壊兵器(WMD)の開発・保有という誤った情報を大義に米英主導で始まった。
 委員長を務めた元北アイルランド省次官のジョン・チルコット氏の声明や報告書は、イラクでの軍事行動の決定について、「法的根拠があると決断する状況にはほど遠かった」と結論づけた。WMDについても、化学・生物兵器の開発が続いているとの情報は「確実」というレベルになく、核兵器も「経済制裁が適切な形で維持されている限り開発できなかっただろう」と指摘した。
 また、情報機関が当時のブレア首相に対して、「イラク侵攻に踏み切った場合、英国へのテロの脅威が増し、イラクの兵器や開発能力がテロリストに渡る恐れがある」と警告していたことを明らかにした。

  ̄ ̄
 出典:http://www.asahi.com/articles/ASJ7561FRJ75UHBI01N.html

 類:http://www.asahi.com/articles/DA3S12446316.html
   http://www.asahi.com/articles/DA3S12446193.html
   http://www.asahi.com/articles/DA3S12444314.html

 ──────────────────────

 ※ 本項の内容と、評価の方向がおおむね一致するとわかるだろう。
Posted by 管理人 at 2016年07月07日 07:29
室伏父子についてさほど詳しくないので調べましたが、スポーツの成功者父子の出来事ですね
正直言わんとするところが測りかねる

http://bit.ly/29kJcMP
http://bit.ly/29kmnxE

とりあえず親の教育、育て方と、子の才能、努力は合わせて一体とお考えなのかな
Posted by 諸田 at 2016年07月08日 00:34
> 父子を1セットで認識しています。

と直前に書いてあるのに。
読解力があまりにも低すぎるので、説明に疲れた。もう本サイトには来ないでください。
Posted by 管理人 at 2016年07月08日 07:36
子の対テロ政策によって無秩序域が生まれるのを許し、結果としてISらの伸長を許している点は、紹介書籍にも、このページにも同意だっただけに残念
こちらのページは平易な言葉であるところに好感がありましたね

http://bit.ly/29qwpZg (2002/02)
>アフガンに治安をもたらし生産を回復させたタリバン政権を、米の気に入らないという理由だけで崩壊させたことの意味、そして群雄割拠と無政府状態を作り出した意味は今後日を追って明らかになるだろう。

http://bit.ly/29pkj3E (2003/04)
>立像引き倒しの直後にバグダッドで現出したのは略奪と無秩序状態です。これを放置している米国に、その責任の矛先が向けられているのも米国のいう「解放」がまやかしであることを物語っています。

http://bit.ly/29veh2C
> 本項の本文を書いたのは、2009年04月21日です。
> 一方、このコメントを書いたのは、2012/07/07 です。三年あまりたって、こういう認識にたどり着いた。

このような見方自体はさして新しくもないことです
イラク戦争の前段階であるアフガニスタン紛争から懸念され、これらに興味を抱く者の間ではすでに常識と言ってよい

父子任期中事の混同、父親の中東政策に現状のテロを生み出すような点がさほど無かった点など、修正されればよりよくなるだろうと思っていました
バングラデシュのことを思えば今まで関心のなった人が、対テロ戦争の原因を少しでも理解されるのは悪いことではありません

そしてコメントにあるように、イギリスでは詳細な調査報告書が公表されたイラク戦争について(日本の調査報告書公開文は薄いですがね)、当時の日本がどうであったかなどは参議院選にも参考にできるのではないかと期待していました
ある意味、現状のISらテロを生み出す原因に荷担したのが当時の小泉内閣であったという点ですね
http://bit.ly/29tSjRk
(シングルイシューで投票行動を決定すべきではありませんが、バングラデシュ事件が起きた現状を顧みれば知ってはおくべきでしょう)

こう言ったことまで議論を深められればと願っていましたが残念です
そういえば続きを書かれていたようですね
コメントする機会を逸してこれもまた残念です

>読解力があまりにも低すぎるので、説明に疲れた。

このようなコメントをいただいたので、最後にこのコメントします

さて読解力云々ですが、ブッシュ父子それぞれの任期中事を混同されたそちらはどうなのでしょうね
死のハイウェイについてもすでに上にありますが、リテラシーの無さを露呈されていませんか
こちらの言葉を贈りましょう
http://bit.ly/29vedzP
このコメントは削除されるのでしょうね
ここまで読んでいただきありがとうございました

余談ですがこのページで紹介のあるアフガン・対テロ戦争の研究の著者について、引用サイトに自身でコメントしてますね

http://bit.ly/29veh2C
>アフガン問題を解説する専門家の記事があった。(朝日・朝刊・投稿欄 2012-07-07 田谷千香子) 以下で紹介する。

誤字
田谷千香子

http://bit.ly/29verqO

他でも誤って紹介されているあたり、著者に同情します
http://bit.ly/29Xnz7p
Posted by 田 at 2016年07月09日 22:38
 誤字の指摘はありがとうございました。修正しました。

> ブッシュ父子それぞれの任期中事を混同されたそちらはどうなのでしょうね

 それは私の失敗なので、お詫びして訂正しました。
 別に他人に回答を要求しているわけではないし、他人に失礼な文句を述べているわけでもありません。

> こう言ったことまで議論を深められればと願っていましたが

 いやいや。本項は議論をする場ではないので、お間違えなく。そもそも、専門家が来るような場所ではなくて、本項は素人が専門家の話を紹介しただけです。
 議論をしたければ、多谷さんのような専門家のところへ行けばいい。
 初心者向けの解説として情報紹介する私に、議論を望むのは、お門違いです。情報の間違いを訂正するのならば、意味はあるが。

 比喩的に言えば、Wikipedia の情報の間違いを訂正することに意義はあるが、Wikipedia の執筆者に議論を望むのは見当違い。
Posted by 管理人 at 2016年07月09日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。