◆ トランプを喜ばせる方法(自動車):  nando ブログ

2017年02月02日

◆ トランプを喜ばせる方法(自動車)

 トランプ大統領を喜ばせるために、米国からの自動車輸入を増やす方法がある。

 ──

 トランプ大統領は「日本は米国からの自動車輸入を増やせ」と息巻いている。
 しかしながら、現実には、米国からの自動車輸入は難しい。特に、日本に適した小型車が少ないからだ。(日本の会社の現地生産車はあるが、それは日本でも生産しているので、日本に輸入する意味がない。)
 とはいえ、「米国の自動車会社が悪い」と反論しても、トランプ大統領は納得しないだろう。
 そこで、うまい方法を提案しよう。

 ──

 そもそも、日本は輸入している自動車の量がかなり多い。特に、欧州(ドイツ)からの輸入が多い。これは、日本から欧州への自動車輸出よりも多い。それというのも、日本では関税がゼロなのに、欧州では日本車に関税(10%)がかかるからだ。
  → 世界における自動車の関税

 これでも貿易がバランスしているというのならともかく、日本とドイツ( or EU )の関係では、日本が圧倒的に入超だ。日本がドイツ車を優遇する理由がない。

 とすれば、うまい案がある。こうだ。
 「日本の自動車関税を0%から 10%に引き上げる」

 これと同時に、次の方策をとる。
 「米国車に限っては、二国間協定で、10%から0%に引き下げる」

 すると、どうなるか? 
 日本車との関係では、米国車は以前も以後も0%の関税だ。
 しかし、ドイツ車との関係では、以前はドイツ車と対等だったのに、今度はドイツ車に比べて 10% 有利になる。ハンディキャップをもらったようなもので、有利になる。
 とすれば、日本における輸入車のシェアで、米国車が比率を上げるようになるだろう。

 ──

 具体的には? 次のような車種が思い浮かぶ。
  マスタング / キャデラック / フォード・エクスプローラー / ジープ・チェロキー
 
 まあ、このあたりの車なら、そこそこ売れるようになるかもしれない。(状況は厳しいが、そこそこ、という程度なら。)

 「米国車が売れない理屈」を掲げて、偉そうに反論するよりは、上記のようにした方が、米国の覚えも良くなるだろう。(台数での実効性がどれほどあるかはともかく。)
 


 [ 付記 ]
 本項のタイトルは「トランプを喜ばせる方法」であり、「米国車の輸入量を増やす方法」ではありません。「米国車の輸入量を増やすと見せかける方法」と言うべきかもね。
 
posted by 管理人 at 21:04 | Comment(2) | 経済 このエントリーをはてなブックマークに追加 
この記事へのコメント
コルベットも加えて欲しい。ではなくてそうしても米国車は日本では売れず、軽自動車がよく売れるので軽自動車の規格を廃止しろ!非関税障壁だ。と叫んで(つぶやいて)くるでしょう
Posted by 京都の人 at 2017年02月03日 00:48
どうせ日本批判するなら売れないと嘆くだけでなく、道路と駐車場の幅の規格をアメリカに合わせろ
日本の規格のせいで売れない。参入障壁だ。ぐらいいって欲しいです
Posted by かーくん at 2017年02月03日 07:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。