◆ 思い出すための方法:  nando ブログ

2019年06月25日

◆ 思い出すための方法

 思い出したいのだが、うまく思い出せなくて、四苦八苦しているときには、こうすればいい。

 ──

 思い出したいのだが、うまく思い出せないことがある。特に、人の名前。顔は思い浮かぶのだが、名前がうまく思い浮かばない。何て言ったっけ? しきりに思い出そうとしても、どうにも思い出せない。
 そういうときには、どうすればいいか? 
 

     ↓


     ↓


     ↓


     ↓

 
 私が試してうまく行った方法は、こうだ。
 「目を閉じて、歯磨きをしながら、思い浮かべようとする」


 歯磨き? 何のこっちゃ? 関係ないだろう! ……と思うだろう。まあ、科学的に言えば、関係ない。
 ところがどういうわけか、こうすると、うまく思い浮かぶ。そういうことが、二度も続けてあった。
 いっぺんだけならともかく、2回も続けて起こると、あながち偶然とは言えない。何らかの効果があるのだと推定される。

 本項では、理由を説明していないので、科学的な指針ではない。むしろ、ただの経験則だ。「私の場合はこうだった」という話。
 また、「必ず うまく思い浮かぶ」というわけでもない。失敗して、思い浮かばないことも、多いだろう。せいぜい、「思い浮かびやすくなる」というだけだ。
 それでも、他に代替案はないのだから、「藁にもすがる」というようなつもりで、この方法に頼るといいだろう。ダメでもともと、ダメ元だ。別に損するわけじゃない。うまく行けば、儲けもの。



 [ 付記 ]
 あえて科学的に理屈を付けようとすれば、
 「脳の別の箇所が刺激されるから、そのせいで思い浮かびやすくなるから」
 ということかな。散歩したり、運動したり、風呂に入ったり、音楽を聴いたりするのと、似たようなものか。

posted by 管理人 at 19:00 | Comment(1) | 思考法 このエントリーをはてなブックマークに追加 
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させていただいております。
馬上・枕上・廁上の一つでしょうかね
Posted by ボンボコ at 2019年06月26日 01:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。