◆「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」批判:  nando ブログ

2020年09月16日

◆「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」批判

 「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(M・ウェーバー)への批判的な文献の紹介。英語版 Wikipedia から 機械翻訳で。

 ──

 「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(M・ウェーバー)は、日本では肯定的に紹介されることが多くて、批判的な文献は見出しにくい。
 だが、これでは世界の趨勢から取り残される。そこで、 英語版 Wikipedia から、そのうち「批判」の章を紹介する。

 以下、機械翻訳。( DeepL 翻訳)


 批判


方法論


プロテスタントの倫理観が資本主義につながったというウェーバーの因果関係の主張は、内因性の問題や事例選択の問題で批判されてきたプロテスタントが資本主義につながったというよりは、資本主義になりやすい個人や共同体もプロテスタントを採用する傾向が強かったのではないかと考えられる。

経済批判


経済学者であり歴史家でもあるヘンリク・グロスマンは、ウェーバーの分析を二つの面から批判している。第一に、貧困と放浪生活に対する厳しい法的措置が、コモンズの囲い込みなどの要因によって引き起こされた大規模な人口移動への反動であることを示したマルクスの広範な研究を参照している。第二に、グロスマン自身の研究では、土地を追われた人々に対するこの「血なまぐさい法律」が、ヨーロッパ全土、特にフランスにどのような影響を与えたかを示している。グロスマンにとっては、この法律、怠け者の非合法化、貧民館の設置によって、人々は肉体的に奴隷制から賃金労働に追いやられたのである。グロスマンにとって、この一般的な事実はプロテスタントとは無関係であり、資本主義はプロテスタントの内的世界性に関する職業訓練ではなく、ほとんど強制的なものであった。 しかし、プロテスタントの「労働倫理」が、より大きな文化的文脈の中でこれらの法的措置を強化または正当化した可能性はある。

ハーバード大学の経済学者ダビデ・カントーニは2009年11月10日に発表した論文の中で、第二紀元ドイツの人口と経済成長をデータセットとして用いてウェーバーのプロテスタント仮説を検証したところ、否定的な結果が得られたとしている。カントーニはこう書いている。

1300年から1900年までの276都市からなるデータセットの人口を用いて、プロテスタントが経済成長に及ぼす効果を見出すことはできなかった。この発見は、様々なコントロールを含めることに頑健であり、データの選択やサンプルサイズの小ささに依存しているようには見えません。また、プロテスタント主義は、経済発展の他の決定要因と相互作用しても効果がない。プロテスタントの効果の器材変数推定値は、OLSの結果と類似している。

しかし、カントーニは、ヴェーバーのテーゼであった相対的な実質賃金の伸びではなく、都市の大きさを「主な従属変数」として用いている(カントーニ、2)。

他の最近の研究では、歴史的にも現代的にも、プロテスタントの倫理的効果が有効であることを発見し続けている。

ダドリーとブルームは書く。
カトリックの都市では賃金が下がり、プロテスタントの都市では1500年から1750年の間に賃金が上昇しているという証拠は、ほとんどの理論的な経済成長モデルと矛盾している。ウェーバーは『プロテスタント倫理学』の中で、文化に基づく代替的な説明を提案しています。ここでは、見知らぬ人と協力することの主観的コストの小さな変化が、交易ネットワークに深遠な変容をもたらすことを、理論モデルが確認している。近世ヨーロッパの都市成長を説明する際には、新古典派モデルや内生的成長理論の人的資本のバージョンと互換性のある仕様は、ウェーバーのテーゼに基づく「スモールワールド」の定式化を支持して拒否されている。


改訂論者批判


H. M.ロバートソンは、著書『経済的個人主義の諸相』の中で、ウェーバーの歴史的・宗教的主張に反論した。ロバートソンは、資本主義が栄え始めたのはイギリスではなく、14世紀のイタリアであり、明らかに異なる時代であると指摘している。これが真実であるならば、資本主義の台頭はアダム・スミスやプロテスタントの宗教改革などに起因するものではない。実際、ロバートソンはさらに踏み込んで、イギリスで起こったことは、むしろそれ以前のイタリアで何世紀も前に達成されたことからの逆行であったと述べている。

ロバートソンは、経済思想の発展の歴史を見ると、アダム・スミスやデビッド・リカルドが経済学を発見したのではないことを示しています。実際、リベラルな経済理論は、スコラスティックの影響を受けたフランスやイタリアのカトリック教徒によって発展した。イギリスの経済思想は、サラマンカ学派によってすでに不正確であることが証明されていた価値の労働論を信奉していたため、むしろ一歩後退していた。

その他の批判


ミュンヘン大学のBeckerとWossmannは、宗教的な地域で異なる識字率のレベルが、ウェーバーが引用した経済的な格差を十分に説明できることを示した。この結果は、ヴィッテンベルクからの距離をモデルにしたプロテスタントの同心拡散モデルの下でも支持された。


 www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。




 【 関連サイト 】

 → プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 - Wikipedia(日本語版 Wikipedia )

posted by 管理人 at 06:28 | Comment(0) | 経済 このエントリーをはてなブックマークに追加 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。