◆ 受付 02:  nando ブログ

2005年08月21日

◆ 受付 02

こちらは過去ログです。
posted by 管理人 at 23:03 | Comment(14) | ご意見の受付 このエントリーをはてなブックマークに追加 
この記事へのコメント
 サンプルです。
 ここは、ご意見の発表ではなくて、正誤訂正の指摘などをする欄です。
Posted by サンプル at 2005年08月21日 09:26
民主党のヘンテコなキャッチフレーズですが、作者は選対委員長の玄葉光一郎かもしれません。

玄葉光一郎よりのメッセージ「日本をあきらめない!」平成15年2月6日
http://www.kgenba.com/massage/com-6.htm
Posted by denden at 2005年08月25日 01:40
9月1日付「水力発電とハイブリッド車」について。の記事中「この会社は神鋼電機という小さな会社だが、心意気はいいだけに…」とありますが、神鋼電機は神戸製鋼所のグループ企業で資本97億円、04年度売上812億円なので、小さな会社というのは当たらないと思われます。
Posted by 一読者 at 2005年08月31日 23:42
なるほど。注記しておきます。
ご指摘ありがとうございました。

Posted by 管理人 at 2005年09月01日 08:13
 家庭雨水タンクを作ろうという提案ですが、大雨が降り始めた時点でタンクが空でなければ機能しません。ため池の類なら土中に浸透するなり、蒸発するなり、流出するなりしますが、閉鎖タンクではたまったままです。とすると、タンク内の水を手動で放出せねばならず、面倒で誰も使わないでしょう。
 タンクの底に、小さな穴を空けるとといいと思う。ゆっくりと下水に流れればいいのですから。
Posted by Inoue at 2005年09月07日 10:28
「環状7号線の地下に設置されている調節池は、今回の豪雨で、・・・約40万立方メートルがたまった」らしいです。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050906ic24.htm

http://www011.upp.so-net.ne.jp/JRIC/recycle.html
に雨水タンクの値段があります。なんだか値段に幅がありますが、安くてお手頃そうな「コープやまなし」の200リットルのタンク(1000円)を使うとすると・・・

40万立方メートル÷200リットル(0.2立方メートル)×1000円 = 200億円

あれ、計算間違ったかな?
Posted by at 2005年09月07日 13:11
一桁まちがった。

20億円ですね。
Posted by at 2005年09月07日 13:16
家庭雨水タンクはボウフラが湧くと思います。


Posted by at 2005年09月07日 20:21
雨水を溜めて置くところは地面の上だけでは、無いでは?

都市部での水害の要因の一つは、家、建物や道の上に降った雨を直接川へ流すこと。

少し昔ならば、地面の上に降った雨の相当な量が地中に滲みこんで、
川までに流れる水量が少なくなっていた。

降った雨を直接川へ流さない方法の一つなのですが、相当前のニュースなので微かな記憶
です書いてますが、ある自治体(ここが肝心なのですがね)で屋根から流す雨水を地面に水が
滲み込むような構造の側溝に流しながら下水に流していた。
この仕組みを取り入れた一般家庭や団体に補助金を出していた。

又、川へ流す水量を減らすと同時に地下水への水の供給がおこなえ一石二鳥との解説があった。

ようは、できるだで川へ流す水の量を減らすかですね。
Posted by at 2005年09月08日 00:24
家庭雨水タンクの設置に対して補助金を出している自治体は、けっこうあるようです。

たとえば、かつ飾区の雨水貯水槽設置費補助 http://www.city.katsushika.tokyo.jp/jimu/kankyo/kankyo/usuihojyo.html

です。 

雨水利用リンク集 というものもあるようです。http://www.tcn.zaq.ne.jp/membrane/WaterRainGov.htm
Posted by at 2005年09月08日 03:08
時間50mmの雨が2時間降ったとして、100坪の敷地に落ちる雨の重さは30tです。10時間なら150t。世帯ごとの貯水は豪雨に対しては蟷螂の何とやらにしかなりえません。もちろん半端な地下プールでも全然ダメです

計画的な遊水池、準遊水池、無居住親水エリア、立ち退きなどが必要と考えます。意見の発表の場ではない、との事でしたので失礼致しましたが・・
Posted by nirogi at 2005年09月08日 23:21
 雨水の全量を貯水する必要はなく、局所的に氾濫した分の水だけを、広域のタンクに分散貯水すればいいのです。(実質的に。)

 また、氾濫をゼロにする必要はなく、大きな被害を減らすだけでいいのです。水深5センチぐらいの氾濫なら、大きな被害はないでしょう。

 また、比較対象は、地下タンクだけです。これ以外の抜本対策は、土地買収費などで、ものすごい巨額がかかります。
Posted by 管理人 at 2005年09月09日 12:12
http://www.dpj.or.jp/news/200509/20050917_01net.html

ここに立会い演説会のストリーミングビデオがあります。
編集なしでナマで見ると、菅と前原では月とスッポン。誰がどう見ても前原の価値です。
Posted by Inoue at 2005年09月18日 21:53
9月26日付け「ミサイル防衛網とV2号」についての冒頭で、「ナチス・ドイツがドイツやフランスなどに向けて発射した」とありますが、後の文脈から「ナチス・ドイツがイギリスやフランスなどに向けて発射した」の間違いかと。
Posted by Takubo at 2005年09月26日 13:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。