◆ 紙の辞書の学習効果:  nando ブログ

2008年01月12日

◆ 紙の辞書の学習効果


 「辞書を引くなら、電子辞書が便利だ」
 という見解が広まっている。しかし、
 「紙の辞書の方が学習効果が高い」
 という調査結果がある。

 ──

 「高校3年生の百人を調査した結果、成績が下位の生徒ほど電子辞書を使っている傾向がある」
 「書籍版の英和辞典を徹底的に教えている中学校では、英語の成績が非常によい」
 とのことだ。(読売・朝刊・社会面 2008-01-12 )

 ──

 ふうむ。意外ですね。
 私としては、利便性の点から、「電子辞書の方が圧倒的に便利だ」と思い込んでいた。
 たしかに、語義を知るだけなら、電子辞書の方が圧倒的に便利だ。パソコンでキーボードに入力するだけだから。
 とはいえ、電子辞書には、難点がある。「一覧性がない」ということだ。該当の語義だけを探り出して、それでおしまい。「意味がわかればそれでいい」というわけ。
 ま、基礎学力のある大人なら、その場で語義がわかればそれで済むが、若い生徒が「学習のため」に辞書を使う場合には、別の事情になる、ということだろう。
 ちょっと意外でした。

 ──

 とすると、結論としては、次のようになりそうだ。

 (1) 生徒ならば、「語義を知る」だけでなく「語そのものを知る(他の語義や用法や用例をじっくり読む)ために、一覧性に優れた紙の辞書がいい。いちいちスペルを調べることで、スペルを覚える、という効果もある。

 (2) 大人ならば、手っ取り早く語義だけ知ればいいから、電子辞書がいい。特に、「リーダーズ英和辞典」みたいに、「たくさんの語の語義だけがある」という感じの辞書では、電子辞書がいい。……逆に言えば、電子辞書がいいのは、そのくらいだけ。

 ──

 そういうことでしょうかね。親が子供に辞書を与えるときに注意するとよさそうです。また、子供自身も、注意するとよさそうです。

posted by 管理人 at 20:18 | Comment(3) | 思考法 このエントリーをはてなブックマークに追加 
この記事へのコメント
>紙の辞書の効果

私も中高生のころ英語の勉強をするとき辞書をぼろぼろになるまで使っていました
一度調べた単語で特に重要だと思った箇所はマーカーをつけて後でもう一回調べたとき復習できるようにできる工夫をすることで、英語の成績を上げることができました・・・
私だけでなく、英語がものすごくできる同級生も
(高校一年で英検一級、もちろん英語はペラペラにしゃべれる)
英語を上達させる秘訣は辞書を何度も引くことだといっていましたし
Posted by TRIPLE at 2008年01月12日 21:22
これは意外ですね。電子辞書だと詳しい大辞典でも持ち運べるサイズですが、紙の辞書だと重いからコンサイスで済まそう、てなことになりそうなもんですけど。
Posted by jiangmin at 2008年01月12日 23:49
中国語教師、相原茂さんのコラムにそのような話がありました。

書籍辞書との違い:電子辞書をめぐる断章(その1〜4)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0601&f=column_0601_005.shtml
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0615&f=column_0615_002.shtml
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0629&f=column_0629_005.shtml
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0713&f=column_0713_004.shtml

単純な辞書としての機能は電子辞書に期待し、紙の辞書は辞書を引く行為の副次的効果に特化してはどうかという結論ですが、現状では勉強中の人は紙の辞書を主に使った方がよさそうですね。
Posted by tubird at 2008年01月13日 10:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。